Z900RS 千葉ツーリング勝浦~南房総 慣らし運転第二段階完了!

バイク
スポンサーリンク

どーも、Masakinです。

今回のツーリングは千葉の勝浦から南房総の方を回ってきました。

今回はこんな感じのルートです。サイクルコンピューターにて計測。

まず、最初の最初の目的地は勝浦タンメンを食べるため、勝浦へ!

勝浦には何度か訪れた事はあったのですが、勝浦タンメンは食べた事が無く、辛い物好きな私は、一度食べたかったのです。

どうせ食べるなら一番人気な所に行こうと思い、勝浦タンメン発祥の店『江ざわ』に向かいました。

2時間弱でやっとのこと目的地へ到着したら、まさかの店休日でした( ;∀;)

とりあえず写真だけ撮っておく。

勝浦市内を回って見つけたのがこちらのお店。『てっぱつ屋』です。

こちらがてっぱつ屋の『勝浦タンメン』

初めて勝浦タンメンを食べました。

真っ赤なスープにたっぷりの挽肉と玉葱がのっており、辛さの中に旨味がありとても美味しかったです。

3月と言えども、2時間バイクに乗ると体は冷え切っていおり、ツーリングで冷えた体に染み渡り温まることが出来、最高に美味しく頂く事ができました。

昼食後、気が付けば600㎞を超えていました。

これにて慣らし運転第二段階完了です。6,000回転縛りが解放されました!

これから慣らし運転第三段階へ。1,000kmまで控えめな運転です。

ランチの後は、さらに南下します。

勝浦から約1時間半、千倉にある『潮風王国』へ

地元の海の幸などが売ってある道の駅です。

ここの道の駅は、キャンプの際に地元の海鮮を求め、よく買い物に来ました。

今回は休憩のみ。

休憩後、房総フラワーラインを目指しさらに南下します。

潮風王国から約30分ほど走ると、房総フラワーラインで有名な菜の花ロードに着きました!

両脇に綺麗に菜の花が咲いており、綺麗な景色で、真っ直ぐで交通量も少なく、とても気持ちい道路でした。

菜の花ロードを抜け伊戸駐車場へ。

目の前に広がる太平洋は壮大です。

伊戸駐車場にて記念撮影。

駐車場の隣には、有名な食堂が有ります。

写真に正面に見えるお店が『漁港食堂 だいほ』と言う有名店で週末は行列ができるお店です。昔、一度だけ行った事がありますが、新鮮な海鮮料理を美味しく頂いた記憶があります。

今回は眺めるだけ。

そしてUターンし帰路へ。

帰りは冨浦ICから高速に乗りました。

しかし、高速に乗った直後から後ろに覆面パトカー。

高速に乗ったばかりですが、気分が悪いので、冨楽里SAで休憩する事に。

ここは、ハイウェイオアシスで休日だと賑わっているSAですが、平日なのでガラガラでした。

お土産コーナーを見ていると、店休日で食べれなかった『江ざわ』の勝浦タンメンが売っていました!

迷わず購入!

帰宅後、走行距離847㎞に。

あと、150㎞で慣らし運転完了です。

サイクルコンピューターも確認。

サイクルコンピュータの走行距離326㎞です。

バイクのODOの距離は、出発前521㎞、帰宅語847km、差は326km

なんと、誤差無く測定出来ていました。

このサイクルコンピューター安いですが、優秀ですね。

今回の走行ルートです。サイクルコンピューターにて作成しています。

千葉ツーリングルート

今回のツーリングは千葉の海岸線を約半分回れて大満足!

バイク置場から自宅まで、途中水元公園を抜けて帰るのですが、満足感と反省会を踏まえて、水元公園にて一杯。

夕日を眺めながら黄昏て帰りました。

今回のツーリングで思ったのは、学生時代のツーリングは阿蘇の山を駆け巡っていて、あまり海沿いを走った記憶は無く、海を眺めながら走るのは本当に気持ちが良いなと思いました。

スポンサーリンク
バイク
スポンサーリンク
masakinをフォローする
Masakin BASE

コメント

タイトルとURLをコピーしました